サーフィン後の首の痛み

40代男性 レギュラースタンス

慢性的に左の首から肩が痛み、このところサーフィンした後に特に痛むとのこと

パドリングの姿勢をしてもらうとやはり痛む。

お体をチェックしていくと、

立っている姿勢は右肩が上がっていて、首は左に倒れづらく、回らない。

バンザイしてもらうと右肩はかなり力んでいる様子

右側の方の緊張で首から頭にかけてが右寄りになっているので

逆に左側の肩はいつも引き伸ばされたまま突っ張っている。

どうやら首の関節や筋肉のトラブルで神経を圧迫している状態ではなさそうだ。

下半身のバランスを見てみると右足はつま先が外に向いていて

しゃがむ動作の時には右膝が内側に入る癖がついている。

これはレギュラースタンスのサーファーによくあること

この下半身の影響を受けて上半身の胸郭は右側が潰れやすく、伸びることができない

さらにその影響を受けて右側の肩甲骨は後傾できずに前傾&挙上している状態。

これで右肩の縮こまっている理由がしっくりきた

結果的に伸ばされるストレスを受け続けていた左の首から肩が

そのストレスに耐えかねて痛みを訴えているわけだ

足そして股関節への施術から進めて、胸郭と肩甲骨のバランスを良くし

総仕上げに首の調整を行うことでかなり改善ができた

これで台風シーズンのサーフィン、まだまだ楽しめるでしょう

⭐️ enjoy surfing ⭐️

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加