「頭痛の9割は薬では治らない・・・薬に頼りきらないで根本的な原因を解消しましょう。」

頭痛

頭痛を繰り返す人の問題点

表面に現れた症状だけを薬で抑えて根本的な原因はわからずそのままに。
治らないパターンの王道がこれです。じつは頭痛の95%は薬では治らない一次性頭痛です。たとえば頭痛の原因の中で多いのが首の骨の歪みですが、痛み止めの薬で歪みは治りますか?その場はしのげても治ったわけではありません。
頭痛

きちんと改善させるには?

頭痛の種類を見極めることと、痛みを引き起こしている個人の体質的な原因を消去していくことです。先に挙げた首の骨の歪みもそのひとつで、これらに直接アプローチする整体を施して体の環境をひとつずつ良くしていきます。
» 指楽の整体とは

院長のメッセージ

頭痛が無くなると気持ちまで優しくなりますよね。首を整えると頭がスッキリしますし、ちゃんといい位置に頭が乗っているのが分かりますよ。
» ご予約、お問い合わせはこちらから


頭痛の種類によって対処法は全く異なります。

» 詳しくは頭痛胃腸障害ブログへ

頭痛
偏頭痛(脈動にあわせてズキズキ痛む、嘔吐など)
頭部の血管が拡張し、神経が刺激されて痛みがでます。鎮痛剤は痛みの信号を伝わらなくしているだけで血管の拡張は抑えられません。血管運動をコントロールしている自律神経の調整が必要不可欠です。
後頭神経痛(頭の表面で痛みを感じる、髪を触るだけで痛い)
後頭部を通る神経の痛みでじつは頭痛ではない。後頭神経枝は頚椎2番から伸びていて、この頚椎2番に何らかの問題が生じて神経を刺激しています。上部頚椎の調整が必要となります。
頚椎原性頭痛(首を動かすと痛む)
筋肉ではなく関節の障害で起こる。 悪い姿勢などで頚椎の正しい湾曲が崩れ、頭部の重みを支えられなくなるのが原因。この頭痛の最も効果的な改善法は頚椎の歪みを正していくこと。
筋筋膜性頭痛(とらえどころの無い頭痛)
首や肩の筋肉が緊張しすぎると、筋肉を包む筋膜を伝わり頭や目の奥に痛みを引き起こします。痛む場所そのものに原因は無く、痛みの原因である筋肉の緊張を緩める操作をしないと解消されません。
緊張性頭痛(頭重感、鈍い痛みがする)
身体的ストレスと精神的ストレスが複雑に絡み合っていると考えられる。長時間の同じ姿勢は首や肩の深層部の筋肉を硬くします。筋疲労やストレスを解消する体の調整をしなければ頭痛は消えません。


ご来院されている皆さんからいただいたうれしい声をご紹介します

T・Mさん 7歳 女性 鶴見区在住 肩こり、首の痛み(お母様代理でご記入)


↑クリック!

【私の安心ポイント】
・話を聞いてくれる ・体調が改善される ・説明が具体的である

以前は頭痛外来に受診して、薬は飲んでいましたが体のゆがみや姿勢は指摘されませんでした。指楽に来院する前には偏頭痛の改善が少しでもできればという期待と、子供なのでかえって悪化しないかと不安もありました。実際に来院してみると、親が思っていた以上に体がゆがんでいたり、首のコリがひどいと分かりました。施術後は頭痛が出る時間が短くなった気がします。体のゆがみがとれて、劇的に姿勢が良くなりました。運動など具体的なアドバイスをもらえました。これからもよろしくお願いします。

あなたのお悩み相談に専門的なアドバイスでお答えします。むやみに来院をうながすことはありませんのでお気軽に。